ビセラの短鎖脂肪酸の効果とは?(BISERA)

口コミでも話題のビセラ(BISERA)ですが、特徴としては短鎖脂肪酸をダイレクトに配合している点が最も大きな特徴です。





短鎖脂肪酸とは、アメリカの大学が発表した腸内フローラの研究をきっかけに注目を浴びている成分です。





短鎖脂肪酸が腸内フローラにいい影響を及ぼし、からだの内側から健康や美容をサポートする効果をもっています♪


さて、こんな短鎖脂肪酸には代表的な効果が3つあります。その3つとは次のとおりです。


1.脂肪の吸収を抑える効果
2.脂肪燃焼の効果
3.食欲減退の効果



それぞれの短鎖脂肪酸としての効果をひとつひとつ見ていきましょう。


1.脂肪の吸収を抑える効果


脂肪細胞って、短鎖脂肪酸を感知するセンサーがあるので、短鎖脂肪酸が体内に入っきたのを確認すると、栄養分の取り込み活動をとりやめて脂肪が過剰にたまるのを防いでいます。





なので、短鎖脂肪酸が体内に入ることで脂肪細胞が増えるのが抑えられるのです。


これがひとつめの短鎖脂肪酸の効果です。


2.脂肪燃焼の効果


短鎖脂肪酸は実は、交感神経によっても感知されるようになっています。


交感神経とはそれが、副交感神経よりも活発化することで体が目覚めてシャキっとするのですが、その交感神経によって短鎖脂肪酸が感知されることで、交感神経の働きが活発化されます。





交感神経の働きが活発化されて人がシャキっとする、つまり代謝がふえるので余分な栄養分を燃やして消費することにつながります。



代謝が増えるのがある意味一番楽なダイエット方ですから、この代謝がふえるというのはとても嬉しい働きです♪♪♪


3.食欲減退の効果


実は短鎖脂肪酸は小腸にとどくと、小腸の細胞を刺激して「痩せホルモン」の分泌を促進して食欲をふやすホルモンを抑えます。



さらに、これが脳までとどくと「食欲を抑える」刺激となります。つまり、食べすぎないようになるのです。





こうして短鎖脂肪酸を摂取すると、その効果により、食欲がそれほど出ないようになり、結果的にダイエットにつながるという仕組みです。


短鎖脂肪酸の効果をもう一度復習すると、下記のとおりです。この3つの短鎖脂肪酸の役割をしっかりと押さえておきましょう!!


試験にでます(笑)



<<短鎖脂肪酸の役割>>

1.脂肪の吸収を抑える効果
2.脂肪燃焼の効果
3.食欲減退の効果




>>トップページにもどる

 

サイトマップ